FC2ブログ
 
■カテゴリ
■プロフィール

RIRiC2

Author:RIRiC2
JST「リスクに関する科学技術コミュニケーションのネットワーク形成支援」プログラム採択「市民参加型で暮らしの中からリスクを問い学ぶ場作りプロジェクト」通称:RIRiC2です。北海道大学大学院農学研究院の拠点を中心に活動を進めています。

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
第12回時計台サロン「農学部に聞いてみよう」が開催されます。
3月21日(木)18時から北海道大学大学院農学研究院が主催します『時計台サロン「農学部に聞いてみよう」』が開催されます。本プロジェクトの代表の小林が司会として登壇いたします。事前の申し込みは不要で,入場は無料だそうです。

詳しくは画像をクリックしてリンク先をご覧ください。

第12回サロン_convert



※本投稿は「情報提供」です。本プロジェクトがその内容を保証したり、推奨したりするものではありません。なるべく正確な情報提供を心掛けていますが、掲載後の変更を確認しきれない場合もあります。必ず、リンクをたどるなどして内容をご自身でご確認ください。


情報提供 | 11:07:05 | トラックバック(1) | コメント(0)
流行りごとにあわせまして。
流行りごとにあわせまして、RIRiC2プロジェクトでもFaceBookとTwitterを始めることとしました。
皆様が日々思っている、生活の中のリスクについてのいろんなことを教えて下さい。
リスクコミュニケーションを専門としていない中の人が、一生懸命専門家とやり取りしながらお答えしていこうと思います。また、イベント連動などでも積極的に活用しますので、皆様、Twitterアカウントにはフォローを。FaceBookページには「いいね!」を是非お願いします。

 Twitter(@RiRiRic2)( http://twitter.com/RiRiRic2

 FaceBookページ( http://www.facebook.com/riric2hokudai

(ちなみにこのエントリは、それぞれの中の人が投稿しております)

日々のできごと | 12:51:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
連携先のご紹介
わたしたちのプロジェクトではネットワークを作ることが目的の1つとなっています。現在、連携している先を紹介いたします。

帯広畜産大学 (門平睦代研究室
京都大学大学院農学研究科 (新山陽子研究室)
福島大学 (小山良太研究室)
大阪大学コミュニケーションデザイン・センター (八木絵香研究室
NPO法人北海道こんぶ研究会
・興部市民車座討論会事務局
一般社団法人札幌消費者協会 食と健康を考える会
コープさっぽろ 組合員活動部

この他にも多くの機関・個人のご協力をいただいています。連携先は今後も増えていく予定です。今後もこのリストは更新しています。


RIRiC2について | 10:11:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
プロジェクトのリーフレットを紹介します。
遅くなりましたが、プロジェクトの内容を紹介するリーフレットをアップします。どれだけ分かりやすいものになったのか不安もあります。印刷したものは見開き両面になります。印刷用のPDFデータを近日中にアップする予定です。しばらくお待ちください。

RIRiC2-1.jpg

RIRiC2-2.jpg

RIRiC2-3.jpg

RIRiC2-4.jpg

本文のテキストは下をクリックしてください。


続きを読む >>
お知らせ | 11:58:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
語り場「ふくしまを知ろう・語ろう」を開催しました。
2013年2月21日(木)に『語り場「ふくしまを知ろう・語ろう」~コープふくしまに聞こう~』を開催しました。

当日朝まで猛吹雪となり交通機関が不通で多くの方が参加できない状況となってしまいました。幸い福島からコープふくしまの4名の方々は遅れが出たものの札幌にお迎えすることができ、全員で17名での語り合いとなりました。まずコープふくしま常務理事の宍戸義広さんから「原発事故による放射能汚染に向き合って」と題してご講演いただきました。消費の側からだけでなく、福島の農産物を支えるという点からも活動していました。

宍戸さんのご講演の様子です。
130221_142149.jpg

後半は全員で丸くなり語り合いをしました。
130221_161018.jpg

福島からお呼びした4人の方からは福島の現実を知って欲しいという気持ちが一番に伝わってきました。また北海道の参加者からは、知ったこと・共感したことが多くあったようです。これからもお互いの現実や気持ちの共有できるような機会を設けていきたいと考えています。

◆関係先へのリンク◆
コープふくしま

活動報告 | 10:15:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。